検索
【シミ取り光治療 体験談】高級美容液を使っても消えないシミやそばかすを、なんとかして消したかった

2018.01.30

【シミ取り光治療 体験談】高級美容液を使っても消えないシミやそばかすを、なんとかして消したかった


年を重ねると、肌トラブルは増えていきます。特に顔のシミは目立ちやすいので、鏡を見るたびに気分が沈んでしまう方もいらっしゃるでしょう。シミの対処法のひとつに美容クリニックの施術がありますが、こうした施術においては、痛みがあるのか、傷あとは残らないのか、きれいに消せるのか……、などが気になるところ。実際に美容クリニックでシミ取り治療を体験したことがある金子千恵さんにお話を伺いました。

●施術前に、美容通の友人・知人に話を聞いてリサーチ

―まずは、シミ取りしたいと思った理由を教えてください。


千恵さん:

月並みですが、年齢とともにシミやくすみが気になるようになったんです。エステにも通っていますが、それだけでは大きな変化はなかったので、美容クリニックの施術を受けてみようと思いました。


―クリニック選びのポイントを教えてください。


千恵さん:

美容通の友人や、シミ取り経験のある知人に話を聞いていろいろ教えてもらいました。重視したポイントは、通院しやすさや価格、評判などです。その結果、レーザーではなく「光治療」を受けることに決めました。


光治療は、レーザーと比べて威力があります。そのうえ、レーザーと違ってメラニン以外にも反応するというところにも惹かれたんです。全体的に光を浴びせるので、シミだけでなく、そばかすやくすみ、赤み、肌の色むらにも効果が期待できるうえ、ツヤやハリまでもたらしてくれるんだとか。一般的には、3回程度通うと肌がキレイになると説明を受けました。


●施術後の痛みは相当なもの。痛みをおさえるための保冷剤が手放せなかった

―実際に施術してみていかがでしたか?


千恵さん:

1回目の施術およびダウンタイムを超えた時点で肌が明るくなったように感じましたし、薄いシミやたくさんあったそばかすはほとんど見えなくなりました。ただ、濃いシミはまだうっすらと残っているので、あと2回通おうと思いました。つい最近、2回目の施術を終えたところです。


施術の痛みに関してですが、結構痛いです。具体的に言うと、レーザー脱毛よりも痛いです。施術後、顔全体が真っ赤になりましたし、しばらく保冷剤で冷やしてもらわないと痛くて起き上がれませんでした。それくらい痛みが強かったので、保冷剤をもらって冷やしながら帰りました。これは、1回目の施術でも2回目の施術でも同じです。1回の施術につき光を3回当てるんですけど、少しずつ光の強さを強くしているようで、3回当てた後にはヒリヒリ感がすごいです。


でも、帰宅後3時間ほど経ったころには痛みはすっかりひいていました。とはいえ、お風呂の際はぬるま湯に入り、洗顔は冷たい水で行いました。

●ダウンタイムは5~6日。その間、施術跡はマスクで隠していた

―施術の跡はどのくらいで消えるのですか?


千恵さん:

まず、施術当日の夜には照射したシミやそばかすが黒くなって浮いていたので、家族にも「怖い」と言われました。翌日以降は、お化粧にコンシーラーを取り入れて隠そうとしましたが、隠しきれなかったのでマスクして外出していました。


しかし、数日経つと黒く浮き出たシミがポロポロと剥がれはじめて、5日目にはかなり肌が白くなっているのを実感しました。さらに6日目の夜には残りのシミも剥がれ落ちて、肉眼ではほとんど見えないくらいになりました。


(右が、初回施術前撮影のもの。左が、2回目施術前に撮影のもの)
(2回目のほうがシミが薄くなっているのがわかります)

―シミ取りを体験してみた結果、ほかの人にもすすめたいと思いますか?


千恵さん:

1回で効果を実感できたのでおすすめしたいですね。わたしの場合、高価な美容液を使ってもなかなか症状が改善しないので思い切って施術を受けたのですが、同じように悩んでいる人がいれば勧めたいです。


―ありがとうございました。



施術の痛みやダウンタイムなどデメリットはあるものの、メリットも大きいため、俄然興味がわいたという人もいらっしゃるかもしれません。千恵さんが受けたもの以外にもさまざまなタイプの施術があるので、シミ取りに興味がある人は、まずはそれぞれのメリット、デメリットをよく調べて、どれが自分に合っているのかしっかり考えるのがよさそうですね。

●千恵さんのブログ

https://ameblo.jp/chie-coordinate/

(取材・文 松本玲子)