検索
生理で一番つらいとき、どうしてる?「生理中の仕事」に関するアンケート発表

2017.08.17

生理で一番つらいとき、どうしてる?「生理中の仕事」に関するアンケート発表


女性が働くうえで、どうしても気になる「生理」。女性が活躍する会社も増えてきましたが、まだまだ理解が進んでいないと感じる人も多いのではないでしょうか。つらい時期に世間の女性はどのような働き方や休み方をしているのか、アンケート調査をもとに探ってみましょう。

グラフ1.生理で一番つらいとき、仕事はどうしてる?

スターツ出版株式会社では、働く女性890人を対象に「生理と仕事に関するアンケート」を実施。


「生理で一番つらいとき、仕事はどうしてる?」という質問に対しては、62%もの人が「ガマンして通常通り働く」と回答しました。「あまりつらさを感じない」という人は18%なので、82%の人はなんらかの体調不良を抱えていることになりますが、「休暇を取る」人はわずか9%。「仕事量を減らすなど調整する」という人が11%という結果になりました。


「ゆったりした服を着てお腹を温め、バリバリと仕事をしない」(40代・事務)など、つらいときでも我慢して工夫を凝らす人が多いよう。「痛くなる前に鎮痛剤で抑える。タイミングがうまくいかず激痛に襲われたときは、席に座っていられないので医務室で横になる」(30代・経理)、「女性陣には生理であることを前もって伝える。冷房で冷えないようにする」(30代・接客)という意見もあがっています。


また、上司の立場からの「職場の雰囲気が許せば周りに伝えてしまうのもひとつの手。仕事を調整したりできるので言ってもらったほうが、本人が楽になる場合もあります」(40代・専門職)という意見、男性からの「つらさは人それぞれだと思うけれど、なるべく仕事の量やペースを配慮できればと思う。体調不良という理由でいいのでつらいときは遠慮なく言ってほしいです」(30代・営業)という声も。


2016年に厚生労働省が発表した「平成27年度雇用均等基本調査」の結果によると、2014年4月1日から2015年3月31日までの間に生理休暇を請求した女性はわずか0.9%。今回のアンケートでも80%の人が「生理休暇を取ったことがない」と判明しました。「めったに取らない」人は13%、「時々とる」人が5%、「頻繁にとる」人は2%という結果になっています。

グラフ2.生理休暇を取ったことはある?

生理休暇については、「生理休暇と言って休むのは恥ずかしい。どうしてもというときは、体調不良といって休むと思う」(30代・事務)という声が上がり、「女性しかいない職場でみんな同じ痛みを経験しているからか、取ってる人を見たことがない」(20代・接客)という人もいるよう。困ってしまうのが理解のない男性で、「制度はあるが、取ろうとしたら男性上司にものすごい嫌味を言われた。細かい理由を問われない有休を使っている」(30代・SE)という経験談も寄せられました。


人事を担当しているという人からは「会社としても生理休暇が定められているはずですので、無理は禁物だとは思っています」(40代・事務)という意見が上がり、上司の立場からは「生理休暇という名称自体、使いにくい。男性の上司だとなおさら。しかし、悪用する女性もいるため、とてもデリケートで難しい休暇だと思います」(40代・事務)と頭を抱える声も。


女性としては避けられない問題である以上、少しでも楽に過ごしたいものですが、まだまだ理解が深まっていないのが現状。周囲にも気を配って、女性が働きやすい職場を作っていきたいですね。

※アンケート/OZmall(オズモール)調べ

期間:2017/5/23~5/29 N=890