検索
スクラブいらずのつるつる肌に。「ハトムギエキス原液」でのお手軽美容

2018.08.21

スクラブいらずのつるつる肌に。「ハトムギエキス原液」でのお手軽美容


巷にあふれる「潤い保湿」の文字。使ってみたけどそうでもないし、どれを使ったら本当に肌が潤うの?と悩む人も多いはず。



「そもそも、肌に合う成分や合わない成分ってどうやって見分けるの?肌にいい成分、肌に優しい成分……、一体どれが一番いいのー?!」



そんな断末魔の叫びが聞こえたような聞こえないような。



このシリーズは、肌育成スペシャリストの筆者が実際に使ったコスメを元に「どの成分が気になったのか?」「何をいいと感じたのか?」というポイントも交えつつ、きれいな肌をつくるために必要な知識や化粧品成分の豆知識をみんなで学んでいこう!というもの。



たくさんある美容についての疑問。その答えを見つけ出すためのシリーズです。



一昔前は「余分な角質があると肌がくすむ」なんてアドバイスがあって「じゃあ、余分なものをとらなきゃ!」と毎日こすりまくっていた私たち。

しかし現代人は昔の人と違って毎日お風呂で洗い続けていることから、不要な角質はほぼないと言わるほど清潔なのです。湯船に浸かって15分で、不要なものはお湯に流れているのだとか。

それなのにスクラブや目の粗いタオルでこすりすぎ、肌荒れや乾燥を招いてしまうわけです。しかし、「もっとつるつるになりたい」と願う女性は多いのではないでしょうか。

◇こすらずにつるつるに

こすることは肌への最大の負担。とはいえ、こすった後のつるつる感が好きな方は多いはず。つるつるの肌でいたい、でもこすりたくない、でも角質も溜めたくない。そんなときに使ってみたいのが「角質排出を正常化」する効果がある成分。

角質を溜めず、こすり落とさずにつるつる肌を保つには最適です。



●ポロリンボ ピュア(ハトムギエキス原液)

 (COSMETEXROLAND)



【配合成分】※全成分※

・BG

さっぱり系の保湿成分です。


・水


・ハトムギ種子エキス

保湿や消炎作用を目的とした成分。角質のターンオーバーの乱れを正常にする働きもあります。保湿しながら炎症を予防してくれる優れもの。




【おすすめポイント】

シンプル処方でお手頃価格という大好きな一品です。もともとさっぱり系コスメが好きなせいもありますが、BGとハトムギエキスのさっぱり感で、朝からすっきりした気分になります。暑い季節に油分を塗りすぎるとベタベタしてメイク崩れの原因になりますが、この美容液はそういった心配も減ります。


嫌な香りも強い香りもないので、使いやすいと思う方も多いはず。

ハトムギの美肌効果は食事でも漢方でも有名ですが、化粧品成分では「保湿成分」として登録されています。



ノズルが細くて一滴ずつ出てくるので「使いすぎる」こともなく、コスパ最高だなと思いながら日々使っています。

BGは、皮膚刺激がほとんどないと言われる保湿剤で、使用感はとてもさっぱりしています。しっとりべっとり系がお好みの方には少しものたりないかも?


さっぱりしているからといって「保湿効果が弱い」ということではないので、そこはご安心くださいね。


「抗炎症成分」と聞くと肌荒れを防いでくれるようなイメージですが、肌荒れのほかにも肌にとっての炎症はいろいろあります。シミだって肌にとっては炎症ですし、日焼けによる炎症やこすれによるくすみもあります。

肌トラブルを起こさないように予防してくれる成分が「抗炎症作用のある成分」です。


古い角質が溜まっても困りものですが、角質が取れすぎても困るのが肌。

人間の皮膚は、体内の生命維持活動を守るために存在しているので、角層がなくなると24時間以内に死亡すると言われています。肌が「人体の防御壁」と呼ばれる所以ですね。


角質を取りすぎると余計に角質が出る、という話を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、角質を取りすぎると身体は「急いで防御壁を固めなきゃ!」とどんどん角質をつくります。急ごしらえの防御壁は潤い力も少し弱めです。


ピーリングを繰り返して適切な保湿をしないでいると乾燥肌になる、といわれる背景は「角質の取りすぎ」にあります。


上記のようなことから、肌のターンオーバーは適切が一番。

角質のターンオーバーを最適化しつつ、炎症を予防してくれるといわれるハトムギエキスが古くから愛されている理由がわかるかと思います。



【注意点】

ターンオーバーを正常化して、角質が溜まったり肌が炎症を起こすことを予防する効果がある化粧品ですが、化粧品だからこそ効果は緩やかです。

注意書きにも書いてありますが、イボを除去する薬のような効果はありませんし、メイクをちゃんとオフしなければ汚れが残って肌が炎症を起こす場合もあります。

また、薬ではないので、体調が悪ければ肌も荒れてしまいます。


化粧品成分は「緩やかな効果」を目指して配合されていて、すぐに効果が表れるものではありません。しばらく使い続けてみてくださいね。


とはいえ、どんなにいい成分でも肌に刺激を感じるような日は使用を中止しましょう。

化粧品は無理して使っても肌が慣れることはありませんので、肌と相談しながら使ってみてくださいね。



(社)日本爪肌美容検定協会代表理事/川上愛子



●ポロリンボ ピュア

¥1,620(税抜き)

Amazonで購入